未分類

借地権にも相続税がかかるのか

相続税借地法の驚くべきこととして、相続税がかかることです。第三者から土地を借りているのに、なぜ相続税がかかるのか不思議に思う人もいるでしょう。一番の理由として、借地権には他人に売却出来るという経済的価値が付与されています。売却することで資産を得られることから、税務署も資産価値があるとみなし、相続税をかけることにしたのです。

経済的価値があると言っても、相続時には既に自分の家を持っていることもあり「相続したくない」という人も珍しくありません。そういう時は、地主に売却を持ちかけるという方法もあります。他人に売却する時は、予め地主の許可が必要なので、売却時には必ず地主が関わってきます。第三者に借地権を売却するよりも、地主に売却した方が手続きも楽になります。

資産に余裕がある地主であれば、土地を100%自分の所有物に出来るので買い取ってくれる人もいますが、資産に余裕がない場合は買い取りを断られてしまうので、その時は第三者に売却するしかありません。まったく関係ない第三者に売却するより、地主の周囲に購入してくれる人がいないかを確認してみましょう。地主としても、まったくの他人より見知った人の方がやりやすいという場合もあるからです。